単純承認 

相続が始まると、相続が開始されたことを知ったときから3か月以内に、相続を承認するのか、それとも放棄するのかを家庭裁判所に申し立てしなくてはなりません。
これは、相続人以外にも亡くなった人にお金を貸していた債権者との関係があるからです。
相続人が仮に相続を承認したら、亡くなった人の債務も継承するので、債権者は相続人から借金を回収できますが、いつまでも相続をするのかしないのか不安定な状況が続くと債権者達も困るので、相続が開始されたことを知ったときから3か月以内に、相続を承認するのかを決めなくてはなりません。
相続を承認するにも、権利義務全部を相続する場合と、限定的に相続する場合があります。
限定的に相続する場合を限定承認といい、相続人が相続によって得た財産の限度においてのみ、被相続人の債務や遺贈を弁済します。
被相続人の一切の権利義務を承継するのが単純承認で、これは被相続人の財産を取得できる半面、無限に責任も負うことにもなります。
この承認方法には、特に手続に関する規定はなく、、相続人が相続財産の全部又は一部を処分したり、相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に限定承認又は相続の放棄をしなかったり、相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後に相続財産の全部若しくは一部を隠匿したり、消費等をすると、法定的に被相続人の一切の権利義務を承継することになります。アメフト01

コメントは受け付けていません。