遺産相続の決定方法

遺産相続の決定の基本は「話し合い」にあります。
法定相続人や被相続人が相続人として指定する人などの全員が話し合うことによって、誰が何を相続するか、またその相続の割合についてはどうするかといったようなことを一つ一つ決定していくのです。
ではこの話し合いの中で注意をしたいことは何かと言うと、最も注意したいのが「遺産分割協議書」を作成するということです。
遺産分割協議書には相続人全員の合意内容が記載されたうえで、相続人それぞれの署名と実印による捺印がされています。
この捺印の際には印鑑証明書も添付することが基本となっていますから、これが作成されることによって「全ての相続人が相続に関して同意をしている」ということの証明になるのです。
これが作成されていないと、後日になってから「そんな話は聞いていない」というようなことや「勘違いしていた」というようなことが起きてしまい、非常に大きなトラブルになってしまうこともありますので、絶対に注意をしましょう。
また、もし遺産分割協議がまとまる気配が無いというような場合には、弁護士や司法書士などの第三者に立ちあいをしてもらったうえで話し合いをすすめ、それでもまとまらないというのであれば家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てることも必要となってきます。
それでも成立しないという場合には家庭裁判所で審判を受けることとなりますが、そうなると非常に大きな手間がかかります。
なるべくであれば話し合うことによって解決をさせ、どうしてもだめな時は司法の力を頼るようにしましょう。アメフト02

コメントは受け付けていません。