限定承認

相続人は、被相続人の財産(債務を含む)全てを一切放棄するのか、被相続人の財産(債務を含む)全てを承継するのか、それとも正の財産の範囲内で負の財産を限定的に承認するのかを、相続開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出る必要があります。
相続問題は、相続人間の問題だけではありません。被相続人(亡くなった人)が借金をしている場合もありますし、遺贈契約をしている場合もあります。
相続人間でも、金銭的に余裕がある人、そうでないない人、被相続人への思いが強い人、そうでない人がいます。
家庭裁判所に申し出る期間は、相続開始を知った日から3ヶ月以内が原則ですが、理由が認められれば伸長してもらうことも可能ですが、相続問題は長引くと、友好だった家族間でも問題が生じることが多いですから、早めに相続放棄か承認するかを決断したほうがいいです。
相続放棄では、プラスの財産もマイナスの財産(借金)も、一切相続しないということになります。
被相続人のマイナスの財産(借金)を背負わない方法には、相続放棄と限定的な承認があります。
相続をする場合、被相続人の財産がプラスかマイナスか分からない場合があります。このような場合に、相続によって得た財産の限度においてのみ、被相続人の債務等を弁済するのが限定承認です。
例えば、被相続人の財産が1億円で、被相続人の負債が2億円の場合、相続人は1億円の限度で2億円の負債を返済すれば、それ以上の責任を負うことはなく、債権者は残り1億円が回収できなくなります。
もし、相続人が単純承認(債務を含む全ての財産を引き継ぐこと)をしたら、残りの1億円は相続人の固有財産から返済しなくてはなりません。

コメントは受け付けていません。