遺言書がない場合の相続人の役割

アイススケート02

遺産相続を行う場合、遺言書を書き残すことで相続者を決めることがあるのですが、遺言書がない場合の相続人に関しては、優先順位が決まっており、配偶者が資産の50%が控除適用となり、第一相続人となり、次に子供が1人600万円の控除となり第二相続人となります。
子供が死亡しており、孫がいる場合、孫に第二相続権が移ります。
亡くなった人に配偶者がいない場合で子供がいる場合には、子供が第一相続人となり、子供が死亡しており孫がいる場合に孫に権利が移行します。
被相続人に配偶者もいなくて、子供や孫もいないという場合に、自身に兄弟がいれば兄弟の相続となります。
配偶者がいればその人は常に法定相続人となり、配偶者控除として財産の半分が免税となりますが、配偶者の場合資産について半分が配偶者のものでもあるため、控除となりこの金額に関しては、本来相続ではないですが、不動産や通帳などの名義を変更する概念において、相続となります。
相続は、被相続人のおかれた立場で、資産の行き先が非常に大きく変わるもので、資産規模が多ければ多いほど複雑化します。
それ程、生前に接点がない人でも、相続となると権利を主張してくる人も多いです。
一番よい方法は、被相続人が生前に遺言書を書き残しておくことが良い方法です。